読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/23咲-Saki-オンリーお疲れ様でした&感想を少し

この間の日曜日に咲-saki-オンリー同人誌即売会「あンた、背中が透けてるじぇ!! 東京1」に参加してきました。もともと一般参加者として買い物に行く予定ではありましたが、渡辺さんが売り子を募集していたので、これ幸いとスタッフ側として楽しんできました。やったぜ。ちなみにコミケ以外の即売会は初参加。

 

 

渡辺書房のブース位置は今回の挿絵を担当されたまりりんさんと隣同士で合体スペース参加とのこと。更に反対側の隣は何と昨年夏に彗星の如く咲-Saki-同人界に現れ、ネット上でのみ活動されていたやくよじのさん。イベント参加は初とのこと。サークル配置図を見た時はたいそうビビった。当日綿商会館一階で渡辺さんと落ち合い「隣、やくよじのさんですよね」「ええ」「ビビりますね」「このゴーストスイーパー戒能の元ネタですよね」「ええ、ええ」みたいな会話をしながら六階の咲-Saki-オンリー会場へ。

 

その後渡辺さんがブース設営を済ませ、まりりんさん、やくよじのさんにご挨拶してイベントは定刻通りスタート 。開始直後はかんむりとかげさんに猛烈な行列ができ、その人の波がそのまま木と木と木(やくよじのさん)に流れる感じ。いやはやすげえ人でした。渡辺書房も新刊既刊ともにコンスタントに売れ、なんとどちらも全在庫完売。やったぜ(二回目)。私は同人誌販売マッスィーンとして戒能女史がデザートイーグル撃ちまくる新刊と姉帯さんちょーかわいい既刊と千円札と五百円玉と百円玉をひたすらディールしてました 。既刊を読まれていた方と少し話ができ、「この宮守アフターめっちょいいですよね」「ですよね」「ちょーかわいい」「かわいい」みたいな感想を言い合えたのも嬉しかったです。

 

すぐに売り切れそうなものは渡辺さんに代わりに買っていただいたりして目星を付けていたものは大体ゲットできたのですが、hannoverさんの考察本を買い逃してしまったのが唯一の心残り…。委託販売を期待しております。(2014年8月4日追記:委託が始まってすぐにゲットして読んでました。ちょー面白かったよ―)

 

以下購入した同人で読み終わったものの感想を少し。

 

渡辺書房『退魔雀士戒能良子 遠野の山姫編』

咲-Saki- - 「【2/23咲オンリー】新刊『退魔雀士戒能良子』表紙&本文サンプル」/「渡辺ちゃん」の漫画 [pixiv]

この間の冬コミで出ていたティザー版がツボにドはまりし、「やっぱプロの掃除屋の語り口はこのくらい美しくないとな〜」と謎のこだわりが生まれる。戒能プロが至極冷静に武装を固めていくところとか爆笑するしかない。雑魚をちぎっては投げちぎっては投げしているところとか読んでて幸せになる。劇場版も期待してます!

 

 

SSB『永水の森の…』


[R-18]「【告知】2/23咲オンリー参加します。」/「まりりん」の漫画 [pixiv]

めちゃシコ(遺言)

憧ちゃんの『奈良円光 THE BEST』といい圧倒的シコリティ。完全版楽しみです。

 

 

ほっぺ食堂『咲-Saki-BirthdayCalendar』


「<告知>合同誌「咲-Saki-BirthdayCalendar」」/「みちよん」の漫画 [pixiv]

昨年末に小林立先生のサイトで発表された全登場キャラクターの誕生日を、SDキャラ絵を配したカレンダーで祝おうというすばらにも程があるファングッズ。SDキャラ絵も一人ひとりのキャラの雰囲気が良く出ており、月ごとの一枚イラストもまあ豪華なラインナップで、各ページをじいっと眺めてはニヨニヨしています(きもちわるい…!!)。

 

 

電波天文学『とろける呪文はちゅっちゅく中(ちゅん)』

はやしこは善。

戒能プロが悪霊をひたすらぶち殺すSSと一緒に読むと幸せ倍増。こういうお互いが一番かわいく居られる関係って良いよね…。

 

 

かんむりとかげ『拾遺三〇〇』

大正義かんむりとかげさんのコピー本、当然の如く瞬殺で完売だった模様。仕方ないね。ホントかんむりとかげさんの描くシロってもう触ったら折れてしまいそうな、あるいは溶け出てしまうような、上記ほっぺ食堂さんのカレンダーでの一枚絵もそうだけど素晴らしすぎて眺める度にため息が出てしまう。はあ…。

 

 

木と木と木『姫松 in Sister's Body』


「「告知」東京咲オンリーの愛宕姉妹 」/「やくよじの」の漫画 [pixiv]

何がどう凄いっていう説明が非常に難しいんだけど、やくよじのさんの描く絵はひとつひとつが読み手の想定を軽々と超えてくる、そんな自由さがあると思う。エネルギーがすっと遠くまで突き抜ける、あるいはずっとぐるぐる回り続ける、そんな感じの。ちょっと似たような作品を描ける人を俺は思いつかない。新刊にサイン&似顔絵まで描いていただきありがとうございました、宝物にします。

 

 

イベント終わり間際にはとりさんにもご挨拶することができました。ドS園城寺怜ちゃんを描かせたら右に出るものは居ないというか、もう怜ちゃんといったらヤンキー座りというか、園城寺怜ちゃんの脳内概念を大幅に拡張してくれました、ありがとうございます。

咲-Saki- - 「さきらくがきまとめ(前半」/「とり」の漫画 [pixiv]

 

 

即売会終了後のジャンケン大会ではまりりんさんも渡辺さんも私もやくよじのさんも各々が希望したかなり豪華な景品をゲットし皆爆笑。成し遂げたぜ。

f:id:kanzo1984:20140223153014j:plain

でっかいバスタオル(どこに干そう…)

 

打ち上げでは渡辺さんとまりりんさんと3人で中華を食い散らかしながら色んな話ができました。「咲-Saki-世界にパンツって存在するんですかね」「そんなものはありません」「でもそれだと1巻の優希のあのシーンが」「世界線移動してるんです」などなど、こんな議論を真顔で出来る場、プライスレス。あと二人のナチュラルな活用を目の当たりにし、淫夢語をブラッシュアップする必要性を感じました。どうしてこうなった…

 

というわけで初めてのオンリーイベント、楽しく参加させていただきました、お疲れ様でした。コミケのように異常に過酷な環境でもなく、全体的にまったりのんびり過ごせるし、そもそもコミケ行っても買うのは九割方咲-Saki-の本だしこういうオンリーの方が私には合ってるかも…。また行きたいです。